プロペシア

AGA進行遅延の効果がある治療薬「プロペシア」とは

近年、AGAに悩む男性が増えています。AGAは男性型脱毛症のことで、放っておくと症状が進行するという特徴があります。そのため、早期発見・早期治療が重要となります。
そんなAGAの治療において、広く利用されているのがプロペシアです。プロペシアはAGAの内服薬で、その効果が立証されています。(※1)以下では、そんなプロペシアがどのような薬であるかについてご紹介します。

プロペシアとは?

プロペシアは、日本で2005年に発売を開始したAGA治療薬です。(※1)

日本で認可されているプロペシアは、0.2mg錠と1.0mg錠の2種類です。どちらも薄いピンク色の円形の錠剤で、14錠のPTPシートになっています。2シート入った28錠入りの箱型パッケージが基本となります。AGA治療は自由診療であるため、プロペシアの価格は各クリニックによって異なります。

近年では、プロペシアの特許が切れていることからジェネリックも販売されております。

プロペシアの有効成分・フィナステリド

プロペシアの一般名は、フィナステリドです。このフィナステリドはプロペシアを構成する成分のひとつで、AGA治療の有効成分です。

AGAの発症には、ジヒドロテストステロンが関与しています。このジヒドロテストステロンの影響によりヘアサイクルが短縮することでAGAとなります。(※2)

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが変化したものです。その変化に大きく関わっているのが、5αリダクターゼという酵素です。5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させているため、AGA対策を考える上で5αリダクターゼの働きは重要だといえます。その5αリダクターゼの働きを抑制する作用を持っているのが、フィナステリドなのです。(※1)

 

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

プロペシアの基本情報
https://www.eastcl.com/aga/propecia/

ミノキシジルの基本情報
https://www.eastcl.com/aga/minoxidil/

ザガーロの基本情報
https://www.eastcl.com/aga/zagallo/

デュタステリドを有効成分としたAGA治療薬。ザガーロとはどんな薬?
https://www.eastcl.com/aga/zagallo/featurea/dutasteride/

デュタステリドを主成分とするAGA新薬「ザガーロ」とは
https://www.eastcl.com/aga/zagallo/featurea/what/

参考記事

(※1)PMDA プロペシア錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/

(※2)GSK AGAの症状・原因|発毛Web
http://hatsumo-web.jp/cause/