メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
対策は早ければ早いほど望ましい! 予防もできるプロペシア

プロペシア

対策は早ければ早いほど望ましい! 予防もできるプロペシア

AGAは進行性の脱毛症であることから、放っておくと薄毛が進行していきます。そのため、AGAの治療においては早めの対処が大切です。
AGAの治療で広く利用されるプロペシアは、治療だけでなく予防に用いることができるともいわれています。それでは、プロペシアは本当に予防に用いることができるのでしょうか。以下では、プロペシアを予防に用いることができるのかについてご紹介します。

プロペシアには、AGA予防効果がある

2tablets-276943_1920「プロペシアに予防効果はあるのか」。結論からいえば、プロペシアは予防効果が期待できるといえます。

プロペシアの作用は、5αリダクターゼの働きを阻害するというものです。5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させます。そのジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱され、薄毛が進行するというのがAGAの症状です。ここで重要なのは、5αリダクターゼはAGAを発症した後に発生する成分ではないという点です。5αリダクターゼは、AGAに関係なく存在する成分です。そのため、プロペシアを服用しておけばジヒドロテストステロンの生成を事前に抑制することができ、AGAの発症を予防することができるのです。

プロペシアの臨床試験では、薄毛の改善を実感できた人が58%、現状維持と感じた人が40%という結果になっており、98%の人がAGAの進行が抑制されていることを実感しています。この試験結果から、予防で利用した場合にも十分に効果が期待できるといえます。

AGAの予防策

3carrot-1085063_1920上述したように、プロペシアは予防においても効果が期待できるAGA治療薬です。しかし、プロペシアは決して安価な薬ではないため、またAGAにしか効果がないことから、予防で使うということに抵抗があるという人もいるかもしれません。
プロペシアに頼らないAGAの予防策としては、以下のようなものがあります。

・生活習慣の改善
AGAの予防では、バランスのよい食生活や適度な運動といった、生活習慣の改善が効果的です。

食事においては、髪によい栄養素が多く含まれている食材を用いるというのがおすすめです。例えばタンパク質やビタミン類、ミネラル類は髪の健康に大きく影響します。また、亜鉛には5αリダクターゼを抑制する効果があるとされているため、カキや緑黄色野菜など亜鉛が含まれる食材もおすすめです。
適度な運動は血行を促進させるため、頭皮の環境改善が期待できます。また、ジヒドロテストステロンは汗をかくことによって排出されるともいわれています。

・ストレスの発散
ストレスは、AGAの直接的な原因というわけではありません。しかし、ストレスをため込むと頭皮の血流が悪くなり、毛髪に十分に栄養が届かなくなります。これにより、薄毛が進行してしまう可能性が考えられます。また、ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れます。これも毛髪に悪影響を与えるため、定期的にストレスを発散するべきだといえます。

ただし、飲酒や喫煙でのストレス発散は控えるべきです。アルコールは体内でアセドアルデヒドという成分になり、これを肝臓が分解することで無害な酢酸に変化させます。ところが、アルコールの摂取量が増えると肝臓での分解が追いつかなくなり、アセトアルデヒドのまま血中に含まれます。このアセトアルデヒドは二日酔いの原因であり、またジヒドロテストステロンを増加させるともいわれています。そのため、飲酒でのストレス発散は逆にAGAの進行早めてしまう可能性があるのです。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる効果があり、頭皮の血流を悪くするため、こちらも要注意です。

まとめ

プロペシアはAGAの進行を抑制するだけでなく、予防効果も期待できる薬です。他のAGA予防策としては、生活習慣の改善やストレスの発散などがあります。ただし、アルコールやタバコはAGAを悪化させる恐れがあるため、飲酒や喫煙でのストレス発散は注意が必要です。

プロペシアをもっと知る

一覧へ

プロペシアの使用方法

一覧へ

プロペシアの特徴