プロペシア

対策は早ければ早いほど望ましい! 予防もできるプロペシア

AGAは進行性の脱毛症であることから、放っておくと薄毛が進行していきます。そのため、AGAの治療においては早めの対処が大切です。
AGAの治療で広く利用されるプロペシアは、治療だけでなく予防に用いることができるともいわれています。それでは、プロペシアは本当に予防に用いることができるのでしょうか。以下では、プロペシアを予防に用いることができるのかについてご紹介します。

プロペシアには、AGA予防効果がある

2tablets-276943_1920「プロペシアに予防効果はあるのか」。結論からいえば、プロペシアは予防効果が期待できるといえます。

プロペシアの作用は、5αリダクターゼの働きを阻害するというものです。(※1)5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させます。そのジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱され、薄毛が進行するというのがAGAの症状です。(※2)ここで重要なのは、5αリダクターゼはAGAを発症した後に発生する成分ではないという点です。5αリダクターゼは、AGAに関係なく存在する成分です。そのため、プロペシアを服用しておけばジヒドロテストステロンの生成を事前に抑制することができ、AGAの発症を予防することができるのです。ただし、プロペシアには副作用もあります。(※1)まずは専門の医師に相談してみましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■ミノキシジルは薄毛予防にも効果的?

参考記事

(※1)PMDA プロペシア錠
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/

(※2)AGA-news AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml