プロペシア

プロペシアが効かない?その原因と対策

最終更新日:

AGA治療でプロペシアを服用する方の中には、なかなか効果を実感できず、治療を断念してしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、プロペシアで十分な効果が得られない際の考えられる原因や対策についてお話します。

プロペシアが効かない3つの理由

プロペシアが効かない場合は主に、3つの理由が考えられます

・原因となる酵素が違っていた

・プロペシアで治療できる脱毛症でない(AGAではない)

・体質的にフィナステリドが合わない

です。

詳細は後述しますが、主に上記の3つに該当する場合はプロペシアを服用しても効果が見られない場合がございます。その理由として、AGAの発症メカニズムが関係しています。

原因となる酵素が違っていた

5αリダクターゼは、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させる働きをもつ、AGA深刻化の原因となる酵素です。この酵素には、Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。

プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑制するための薬ですが、抑制できるのは5αリダクターゼⅡ型のみです。すなわち、プロペシアは5αリダクターゼⅠ型を抑制する効果はもっていません。

5αリダクターゼⅠ型が原因となっている薄毛の場合、5αリダクターゼⅠ型に効果のあるAGA治療薬を使用することで対応が可能です。例えば、AGA治療薬のザガーロはⅠ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼに効果をもちます。(※1)

プロペシアで治療できる脱毛症でない(AGAではない)

次に考えられるのが「プロペシアで治療できる脱毛症ではない」ことです。プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制する効果は認められていますが、AGA以外の薄毛には、効果がありません。

そもそも、男性の薄毛の原因はAGAだけではありません。円形脱毛症や粃糠性脱毛症などが薄毛を引き起こすケースもあります。AGA治療薬は、決して万能な薄毛治療薬というわけではありません。薄毛の原因を正しく分析した上で、適切な治療や対策を行う必要があるでしょう。

体質的にフィナステリドが合わない

AGAの発症リスクには個人差があります。それに大きく関わるのが、ホルモン受容体の感受性です。AGAの発症と進行にこの受容体がかかわっているといわれていましたが、これはプロペシアの成分であるフィナステリドの効きやすさとも関係があるそうです。

そのため、そもそもの体質としてプロペシアが効きにくい可能性があるということもあり得るのです。このホルモン受容体は、遺伝が大きくかかわっているといわれており、クリニックによっては遺伝子検査でどの程度かを知ることが出来ます。

もし自分の体質が気になる方は、AGAの発症リスクと合わせてクリニックを受診してみることも良いかもしれません。(※3)

参考URL

※1プロペシア錠

https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

※2男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※3)アンファー研究所 アンドロゲンレセプターの遺伝子検査 | 研究・開発レポート

https://www.angfa.jp/development/?p=654