プロペシア

【プロペシアの個人輸入】代行とは?違法じゃない?実は怖い危険性についても解説

最終更新日:

インターネットを通じて様々なものを世界中から取り寄せることが可能になった現在。医薬品も例外ではなく、海外から安価な製品を個人輸入することができます。しかし、医薬品の個人輸入には危険もつきもの。そこで、AGA治療薬の一つであるプロペシアの個人輸入について、その方法や危険性を詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

プロペシアは個人輸入で購入できる?

プロペシアを入手するには、医師の診察を受けた上で処方箋を交付してもらう必要があり、定期的な通院も必須となります。しかし近年では、インターネットによる医薬品の個人輸入ができることから、プロペシアを気軽に手に入れたいからと安易な気持ちで通販で購入してしまう人も増えています。

また、個人輸入で購入できる医薬品は国内で処方される医薬品より安価であるため、これまで通院治療をしていた場合でも個人輸入に切り替えてしまうケースもあり、大きな副作用が出てしまい再度医療機関に訪れる患者様もおります。

個人輸入の流れとプロペシア価格

日本国内で処方された場合には1か月分で7000円ほどするところ、個人輸入ではプロペシアのジェネリックを1か月分1000円程度で購入できます。国際送料はかかりますが、まとめた購入で費用を抑える方もいらっしゃるようです。

医薬品の個人輸入は、原則としてお住いの地域を管轄する厚生局の許可を得る必要がありますが、一個人が使用する少量の医薬品に関しては特例的に許可を得ることなく行うことが可能です。

輸入代行業者には要注意!

一方、最近では自分で個人輸入するのが不安という人のために個人輸入を代行する業者も多く見られます。しかし、業者が日本国内の薬機法などに基づく承認を受けていない医薬品を輸入して、営利目的で販売するのは違法とされています。そのため、輸入代行業者による個人輸入はおすすめできません。(※1)

個人輸入で購入できるプロペシアジェネリック薬の種類

個人輸入で購入できる「プロペシア」は多くが有効成分「フィナステリド」が同量含まれたジェネリック薬です。2015年には日本国内でもプロペシアのジェネリック薬が販売され、1か月の薬価は正規品のほぼ半額の4000円ほど。個人輸入で購入できるプロペシアのジェネリック薬には次のようなものが挙げられます。

フィンペシア

インドのシプラ社が製造・販売しているジェネリック薬です。薬剤の製造大国と呼ばれるインドでも老舗の製薬会社であり、100錠3000円ほどで流通しています。

コーティング剤に発がん性物質が含まれているとのうわさがあり、一時期売り上げは減少しましたが、科学的な根拠はないとされています。

フィナロ

インドのインタス社が製造・販売しているジェネリック薬です。インド国内ではトップ10にランクインしない比較的小規模な製薬会社の製品ですが、100錠2000~4000円ほどで流通しています。非常に安価なため、世界中で使用されています。

エフペシア

インドのシプラ社が製造・販売しているジェネリック薬です。「フィンペシア」と同じ製薬会社による製品ですが、薬剤のコーティング剤の成分が異なります。100錠5000円程度と個人輸入で購入できる薬剤の中ではやや高めな値段設定ですが、安全なコーティング剤を用いていると謳われていることから根強い人気があります。

プロペシアの個人輸入が危険な理由4つ

プロペシアはジェネリック薬を含めて個人輸入でお得に入手することができます。その上、定期的な受診の必要もないため、手軽に服用を開始できる側面があります。しかし、プロペシアを始めとした医薬品の個人輸入は危険なデメリットも多々あるため、厚生労働省でも医薬品の個人輸入には注意喚起を行っています。

では、プロペシアの個人輸入にはどのような危険が潜んでいるのでしょうか?4つの理由をご紹介します。

・日本では有効性や安全性を認められていない
・医薬品副作用被害救済制度を受けられない
・偽物・膨大な効果を謳っている場合がある
・副作用に対処できない

日本では有効性や安全性を認められていない

日本国内で流通する医薬品は、効果や重大な副作用の有無を確認するための厳密な臨床試験を行ったのち、有効性や安全性が認められたもののみが厚生労働省から承認を受けます。一方、個人輸入で購入できるプロペシアジェネリック薬は日本での承認を得ていないものです。

プロペシア自体の有効性や安全性は認められていますが、海外製ジェネリック薬の有効性や安全性は認められていません。そのため、有効性や安全性が保障されていない薬剤を服用することとなり、思わぬ副作用に襲われる危険もゼロではないのです。

医薬品副作用被害救済制度を受けられない

日本には、医薬品の使用によって生じた副作用に対する治療費や障害が残った場合の年金給付などを保証する「医薬品副作用被害救済制度」という公的制度があります。

医薬品は正しく使用していたとしても副作用を引き起こすこともあり、それを事前に予防するのが困難なケースも多いのです。そのため、全ての人が安心して医薬品を利用できるように定められた救済制度と言えます。

もちろん、プロペシアの副作用による健康被害にも制度を適用することが可能です。しかし、この制度はあくまで日本国内で承認を受けた医薬品を正しく使用した場合のみの適応となります。つまり、個人輸入で入手した未承認の医薬品は対象にならず、副作用が現れた場合には自己負担で治療を行わなければならないのです。 (※2)

偽物・膨大な効果を謳っている場合がある

個人輸入で入手することができる海外製品の中には、有効成分が極端に少ないものなど偽物が多く出回っているとされています。治療効果が少ないだけならまだしも、中には人体に有害な物質が含まれた粗悪品もあり、思わぬ健康被害を受けることも。

また、日本の薬機法の規制を受けないため過大な効果を謳っている場合もあります。 (※1)

副作用に対処できない

個人輸入で入手した薬剤は有効性や安全性が日本国内で確認されていないものが多いため、服用は完全に自己責任です。万が一、偽物や粗悪品などであった場合は重篤な副作用を引き起こすこともあります。過去にはダイエット薬と称して流通した海外製のサプリメントを服用して肝障害を起こした上に亡くなった人もいます。

また、副作用が軽度であった場合でも、薬剤にどのような成分が含まれているか分からないため、対処できないことも少なくありません。 (※3)

リスクを考えるとプロペシアの個人輸入はおすすめできません!必ず医師の処方薬ご使用ください

2005年の発売以来、AGA治療薬として多くの人が使用しているプロペシア。薄毛に悩む多くの男性の希望となってきたプロペシアですが、近年では医師の診察や処方を受けることなく個人輸入でも入手することが可能です。

個人輸入は安くプロペシアを購入することができますが、中には今回ご紹介したような危険なデメリットも多く存在します。

プロペシアをはじめとした医薬品を購入する場合は、健康のためにも自己責任の個人輸入に頼るのではなく、有効性と安全性が確立されて医師の処方薬に頼るようにしましょう。

参考URL

※1)厚生労働省「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html
※2)医薬品医療機器総合機構「医薬品医薬品副作用被害救済制度」
http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general01.html
※3)厚生労働省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html