ミノキシジル

ミノキシジルとサプリは併用すべき?AGA・薄毛治療のための発毛効果UP術

最終更新日:

ミノキシジルはAGA治療薬として発毛効果に定評があります。世界中に愛用者がいますが、効果的に使い方や使用上の注意点を知らず、自己流で使っているという人も。そこで今回は、ミノキシジルの正しい使用法とおすすめしたいサプリの併用、摂るべき栄養素について詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

ミノキシジルとサプリを併用することで発毛効果UP?

そもそもミノキシジルとは

ミノキシジルは、1999年に国内での製造・販売が開始されたAGA治療薬です。フィナステリド(プロペシア錠)、デュタステリド(ザガーロカプセル)などのAGA治療薬に先駆けて認可されています。元々、ミノキシジルは高血圧の治療薬(降圧薬)として開発されたもの。血管を拡張させる効果があり、現在でもアメリカでは重症な高血圧患者の最終選択薬とされています。

降圧薬としての開発段階で臨床試験を行ったところ、ミノキシジルを使用した人に「多毛」の副作用が。そんなひょんなことから生まれたのがAGA治療薬「ミノキシジル」なのです。さらなる研究の結果、ミノキシジルには毛根の細胞に細胞分裂を促す作用が認められました。また、本来の作用である血管拡張も頭皮の血行を改善し、髪の毛が成長しやすい環境づくりに役立っていると考えられるのです。このような背景から開発されたミノキシジルは、現在では頭皮に直接塗る「外用薬」として販売されています。

AGA治療におけるサプリの役割とは

薄毛を改善するためには医薬品を正しく使用するだけでなく、頭皮の環境や体全体のコンディションを整える必要があります。そのためにも、日々栄養バランスに注意することが勧められています。その際に手軽で便利なのが、サプリの摂取です。

サプリ(サプリメント)とは、健康の維持・増進に必要な栄養素を錠剤やカプセルなどに凝縮したものです。コンビニやドラッグストアなどで多種多様なサプリが販売されています。気軽に入手でき、服用することが可能なサプリ。栄養バランスが乱れがちな現代人の栄養補給として優れた補助食品と言えるでしょう。

AGAはDHTなどの男性ホルモンだけでなく、頭皮環境の悪化も大きな原因となります。頭皮は皮脂の分泌が多く、炎症を起こして毛根の細胞にダメージを与えてしまうことも。また、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足すると、コシの弱い髪の毛が増えて薄毛の印象を与える原因にもなります。サプリメントはこのような原因の改善に役立つため、AGA治療と同時に上手く摂り入れることで治療効果を高めると考えられているのです。 (※1)

サプリで摂取できる!AGA治療に効く栄養素

では、具体的にミノキシジルなどAGA治療薬にあわせて摂取すべき栄養素をご紹介します。

ビタミン

ビタミンは大きく分けると、水溶性と脂溶性に分類することができます。水溶性ビタミンの代表格とも言えるビタミンB群は食事から摂取したタンパク質を効率よく利用するサポートを担う栄養素です。

特にビタミンB2やB6は皮脂の分泌を抑える作用があるため、頭皮環境の改善のために積極的に摂りたい栄養。その他にも、コラーゲンの生成を促して血管や皮膚の組織を健康的に保つビタミンCも頭皮環境改善に役立ちます。

一方、脂溶性ビタミンであるビタミンAは正常な細胞の成長をサポートするため、髪の毛の発育を促してくれます。また、ビタミンEは細い血管を広げる働きがあるため、頭皮の血行を改善する効果が期待できるでしょう。 (※2)

亜鉛

亜鉛は、身体の新陳代謝を促し、生命維持のために必要な酵素の成分です。また、タンパク質の合成や免疫などにも関与しており、健康的な身体を作りあげるために必要な栄養素です。

もちろん、髪の毛の元となる毛母細胞の新陳代謝も促します。また、髪の毛の主要な成分であるケラチンと呼ばれるタンパク質の生成を促す効果も。そのため、亜鉛を多く摂ると太くコシのある健康的な髪の毛が生えやすくなるのです。

亜鉛は牡蠣やウナギなど魚介類、肉類などに多く含まれています。しかし、食品から十分な量の亜鉛を摂取するのは難しく、特にサプリメントでの補充が必要な栄養素です。

ミノキシジルとサプリ以外での効果的なAGA治療法

AGAには、これまでご紹介したミノキシジルとサプリメント以外にも治療法があります。AGA治療の効果には個人差があり、基本的にはいくつかの治療を組み合わせて行うのが一般的です。では、上記以外にはどのような治療法があるのでしょうか。

他にもあるAGA治療の有効成分を使用する

AGA治療には、ミノキシジル以外にも、フィナステリド、デュタステリドといった有効成分が用いられています。それぞれAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する作用を持つ薬です。フィナステリドやデュタステリドはミノキシジル、サプリなど全く異なるメカニズムでAGA改善を目指す治療法と併用すると効果が高まるとされています。

つまり、DHTの生成を身体の内側から抑え、ミノキシジルやサプリの作用で発毛しやすい条件を作ることで、より高い治療効果が得られるのです。 (※1)

専門クリニックを受診する

AGA治療の効果は個人差が大きく、一筋縄にはいきません。いくつかの治療法をそれぞれの症状や重症度に合わせて調整していく必要があります。

最近では、個人輸入などを通して海外製の安価なAGA治療薬を入手することができるようになりました。しかし、ネットに出回る海外製の治療薬には偽物が多いという現状も。中には、健康に害を及ぼす粗悪品もありますので、やはり専門クリニックで正規品を購入するのが安心です。そして、何よりも、適切な治療を行うには、知識と経験のある専門の医師による治療が望ましいと考えられます。

ミノキシジルとサプリは適切に使用し、専門クリニックも受診しましょう

ミノキシジルとサプリはAGA治療に高い効果をもたらします。しかし、使用するには注意点もあります。誤った使用を繰り返していると、症状を悪化させてしまうことも少なくありません。また、AGA治療にはその他にも医師の処方を受けなければ入手できないフィナステリドやデュタステリドを同時に併用することが勧められています。安全に正しく、効果の高い治療が実現できるよう、AGA治療は専門クリニックで行っていくのがおすすめです。

参考URL

※1)日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※2)日本臨床医学発毛協会、育毛に効果的な主な栄養素
http://www.hatumo.jp/mens/aga.html