ミノキシジル

ミノキシジルは女性には危険?育毛剤としての効果や副作用を解説

最終更新日:

ミノキシジルは、脱毛症治療薬として世界で最初に認可された薬で、現在でも外用薬(塗り薬)の中で最も広く利用されています。女性への育毛効果も実証済みですが、「ミノキシジルは女性も使用できるの?」という疑問や安全性への懸念を抱く方は多いようです。今回はミノキシジルの効果や安全性などを女性向けに解説します。

目次※知りたい情報をクリック

ミノキシジルは女性にも効果がある?外用と内服に分けて解説

ミノキシジルは、外用薬として男性にも女性にも有効であることが実証されています。ただし、内服については男女とも危険であり避けるべきです。

ミノキシジル外用の効果

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、各治療法の推奨度が5段階で評価されています。その中で、ミノキシジルの外用に与えられている評価は、男性向け・女性向けともに最高ランク(「A=行うよう強く勧める」)です。

臨床研究をまとめた結果、男女ともに薄毛・脱毛症の改善が確認され、日本でも厚生労働省によって、ミノキシジルの外用は正式に認可済みです。ただし、薬液の濃度については、後述するように男性用と女性用で違いがあります。 (※1)

ミノキシジル内服の効果

一方、ミノキシジルを内服薬として用いる治療法は、同ガイドラインでは最低評価の「D=行うべきではない」となっています。実際、ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレットなど)が、男性型・女性型脱毛症に有効であることを確実に示す臨床研究はありません。そして、ミノキシジル内服薬を男性型・女性型脱毛症の治療薬として認可している国も存在しないという現状です。

ミノキシジルは、一部の国では降圧剤として認可されており、服用により全身の多毛症をきたす副作用が報告されています。しかし、だからといって、男性型・女性型脱毛症に対して、望ましい増毛効果を持っていると実証されるわけではないのです。また、胸痛、動悸、息切れ、むくみ、体重増加などの副作用が生じる恐れもあり、その安全性・危険性を検証した研究はほとんどありません。 (※1)

ミノキシジルはどのように効くのか?

髪の毛は毛包という源から生じます。髪の毛の成長に大きく関わるのが、毛包の「成長期・退行期・休止期」というサイクルです。男性型・女性型脱毛症では、毛包が小さくなり、成長の途中で髪が抜けやすくなったり、成長期が短くなったりします。

ミノキシジルは、毛包に活力を与え、毛をより長く太くする効果を持っています。毛が生えなくなったように見える部位でも、実は、細く短い毛が生えている場合もあるのです。ミノキシジルによって毛包を育てることで、目に見える生き生きとした頭髪への成長につながります。

ただし、ミノキシジルは脱毛の原因を取り除くわけではありません。使用をやめると、髪は徐々に元の状態に戻ってしまいます。効果を維持するためには、継続的な使用が必要です。 (※2、3)

女性特有?ミノキシジルの副作用と禁忌事項

ミノキシジルの使用にあたっては、副作用と禁忌事項を頭に入れておかなければなりません。副作用は男女共通ですが、禁忌事項には女性特有のものが含まれますので、ご注意ください。

男女共通の副作用

以下のような副作用が男女ともに生じる場合があります。こうした症状が出たら、直ちに使用を中止して医師に相談してください。

関係部位 副作用の症状
皮膚 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感
精神神経系 頭痛、立ちくらみ、めまい
循環器 胸の痛み、心拍数増加
代謝系 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

(※4、5)

禁忌事項(使用が禁止される場合)

次に該当する人はミノキシジルを使用できません。中には、女性特有の項目もあるため、チェックしておきましょう。

1. 未成年者
2. 妊娠・授乳中の人
3. 妊娠・出産が原因で脱毛している人
4. 避妊用ピルの使用をやめたことで脱毛した人
5. 頭頂部以外の部位も脱毛している人
6. 脱毛が急激に起きた人
7. 頭皮を強く引っ張ることにより脱毛が進行している人

未成年者の使用は、安全性について信頼できる研究がなされていないため、禁止されています。妊娠中の使用についても同様に、安全性が不明です。また、ミノキシジルは母乳中に成分が移行することが知られています。その影響について、まだ十分に調べられていない現状、妊娠・授乳中の方は必ず使用を避けましょう。

3~7の項目に該当する人は男性型・女性型脱毛症ではなく、他の疾患や心身状態の変化により、脱毛症状が現れている可能性があると言えます。その場合は、ミノキシジルの効果は期待できません。頭皮以外の部位への塗布も禁止されています。

(※4、5)

女性用ミノキシジルの推奨濃度は?

現在認可されている外用ミノキシジルの濃度は以下の通りです。

日本 米国
男性 5% 5%
女性 1% 5%

米国では従来、男性用は5%まで、女性用は2%までの濃度が認可されていましたが、2014年に、女性用に対しても5%の濃度が認可されました。米国で女性用が2%濃度までとされたのは、臨床研究をまとめた結果、5%と2%の濃度に効果の差はなく、有害副作用の発生率を比較した際、5%の方がやや高かったためです。

男性でも、5%濃度の方が有害副作用の発生率が少し高かったものの、効果も高かったため5%が採用されました。現在では、女性に対しても5%濃度の効果の高さが確認されています。

日本では、女性に対して1%濃度のミノキシジルしか臨床試験が行われていないため、未だに2%以上は認可されていません。日本皮膚科学会のガイドラインでも男性には5%、女性には1%濃度のミノキシジルの外用が推奨されています。 (※1、2、6)

女性の薄毛にもミノキシジル外用は効果的!内服は危険性あり!

ここまでご紹介したてきたように、ミノキシジルの外用は女性に対しても効果が確かめられています。ただし、内服は男女ともに有効性と安全性が不明で、安易に服用するのは危険です。外用薬に関しても、利用を検討する際は、(女性の方は特に)副作用や禁忌事項に留意してください。市販薬も販売されていますが、ミノキシジルが自分の症状に有効かどうか不安な方や、副作用・禁忌事項が心配な方は、一度クリニックを受診して、医師の診断を受けた上で使用を開始するのがよいでしょう。

参考URL

※1)日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/127/13/127_2763/_pdf/-char/ja
※2)日薬理誌「男性型脱毛症治療の現状と今後の展望」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf/-char/ja
※3)大正製薬株式会社「ミノキシジルと薄毛・抜け毛のメカニズム」
https://brand.taisho.co.jp/riup/minoxidil/02-nukege/
※4)大正製薬株式会社「リアップリジェンヌ 説明書」
https://www.catalog-taisho.com/explanationbook/06833_Explanation1.pdf
※5)大正製薬株式会社「リアップX5プラスローション説明書」
https://www.catalog-taisho.com/pdf_product/05740_Explanation1.pdf
※6)Johnson & Johnson、About Rogaine
https://www.rogaine.com/about-us.html