メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
 > 
AGA治療の外用薬。ミノキシジルにはどんな副作用がある?

ミノキシジル

AGA治療の外用薬。ミノキシジルにはどんな副作用がある?

AGA(男性型脱毛症)の治療に使用される外用薬には、主にミノキシジルがあります。AGA治療の薬のひとつであるミノキシジルは、研究によって発毛・育毛に関して非常に高い効果を発揮することが分かり、注目を集めています。その一方で、AGA治療の外用薬ミノキシジルの副作用はゼロではないとされています。今回は、ミノキシジルを使用することでもたらされる可能性がある副作用と、その解決法および予防法についてご紹介します。

ミノキシジル外用薬の主な副作用

ミノキシジル外用薬は、内服する薬と比べて毒性もなくかつ副作用が少ないことから、安全性が高いのが特徴です。しかし、残念ながら副作用の可能性はゼロではありません。ミノキシジル外用薬の副作用のうち最も多いのは頭皮のかゆみです。その他にも、頭痛や発赤、ほてりなどがあるといわれています。

ミノキシジルの副作用に多いかゆみは、アレルギーや添加物が原因であると考えられています。添加されているエタノールやプロピレングリコール(乳化剤・保湿剤作用)は、経皮吸収を助けたり、殺菌や防腐作用をもたらす役割を持っていますが、肌への刺激となることがあります。そのため、最近では添加物を極力抑えたり、使用しないミノキシジル外用薬も登場しています。

これらの副作用を避けるためには、ミノキシジルの濃度が低いものを使用するか、1回に使う量や回数を減らす方法が効果的です。これによりAGA治療における発毛効果は抑えられますが、副作用から解放されます。

AGA治療に使用されるミノキシジルのその他の服用

3pulse-trace-163708_1280

AGA治療にミノキシジル外用薬には上述のかゆみの他に、動悸や胸の痛みなどの副作用を生じさせることもあります。

降圧剤として使用されていたミノキシジルがAGA治療に使用されるようになったのは、内服していた患者に発毛や育毛の副作用が生じたことがきっかけです。現在は副作用を懸念して降圧剤としては使用されていませんが、プロペシアと同様に動悸や胸の痛み、ほてり感などを生じさせる可能性もゼロではありません。

ただしこのような副作用が出てしまうのは、血管が詰まりやすい人であり、生活習慣に問題がある人に多くみられます。お肉ばかりの食生活、タバコやお酒の取り過ぎなどを改善することで、事前に予防することも大切です。

ミノキシジルの使用は処方を守ること

ミノキシジル外用薬によって起こり得る副作用は、かゆみ、ほてり、発赤など比較的軽微なものがほとんどです。しかし、使用する方の体調や体質によって、まれに重大な副作用が出ることもゼロとはいい切れません。 そのため、軽微な副作用であっても期間が長引いたり、悪化した場合はすぐに医師に相談する必要があります。また、効果を得たいあまりに決められた用法用量を超えて使用することはくれぐれも避けなければなりません。用量を超えて使用し続けると、より副作用のリスクだけ高くなる場合もあります。

まとめ

AGA治療の内服薬ではプロペシアが、外用薬としてはミノキシジルが使用されています。ミノキシジルは、毒性も少なく安全な薬であるとされていますが、副作用はゼロではありません。用法用量は必ず守ることが大切であり、もしも異常を感じたらすぐにクリニックを受診するようにしましょう。

ミノキシジルをもっと知る

一覧へ

ミノキシジルの使用方法

一覧へ

ミノキシジルの特徴