ミノキシジル

壮年性脱毛症の症状はミノキシジルで改善できる?

脱毛症のひとつとして、「壮年性脱毛症(AGA)」があります。(※1) これは進行性のもの(※2)で、症状がでた男性にとっては大きな悩みのひとつになるものともいえるでしょう。日本皮膚科学会が出している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によると治療法の一つとしてはミノキシジルが紹介されています。(※2) そこで今回は、壮年性脱毛症に対するミノキシジルの効果や、効果的な改善方法についてご紹介します。

壮年性脱毛症はミノキシジルで改善可能!

9-2ミノキシジルは「AGA」に対して効果が見られることのある薬とされています。(※2) そのため、「壮年性脱毛症」に対してはあまり効果がないのではとその名称から考えてしまう方もいるかもしれません。しかし、壮年性脱毛症もAGA同様にミノキシジルによる効果が見られることでしょう。なぜなら、冒頭でも記載の通り、壮年性脱毛症はAGAと根本的に同じものだからです。(※1)

 

ミノキシジルを用いた壮年性脱毛症の改善

先ほど記載の通り、壮年性脱毛症の原因や対処法は、一般的なAGAの場合と変わりません。したがって、一般的なAGAに対して有効とされているミノキシジルは、壮年性脱毛症に対しても効果が見られる可能性があるといえるでしょう。(※3)

ミノキシジルは「細胞成長因子産生」「毛細胞アポトーシス抑制」「血流改善」などの作用から髪の成長期間をAGAの状態から通常の状態に戻すというメカニズムのあるAGA治療薬です。(※4) AGAはヘアサイクルが通常よりも短くなることで、髪の毛が十分成長する前に早く抜け落ちしまうという状態になっています。(※5) そのため、前述したようなミノキシジルの作用によってヘアサイクルを通常の状態に戻すことでAGAの症状を改善することが見込めるといえるでしょう。

 

他の治療法との併用

9-3上述のとおり、ミノキシジルは壮年性脱毛症に対して効果が見られることのある治療法といえます、

しかし、ミノキシジルだけでなく進行遅延の効果のあるのプロペシアやザガーロといった他薬剤の併用などからアプローチする方法もあるといえるでしょう(※6)。

薄毛の進行遅延の効果のあるプロペシアやデュタステリド(※7、8)の使用も壮年性脱毛症の治療対してこうが見られるでしょう。(※3) 壮年性脱毛症を含めAGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が髪の生え変わりのサイクルを通常よりも早めることで起こるといわれております。(※2) プロペシアやザガーロはこのジヒドロテストステロンの生成を阻害するので、AGAの進行抑制に効果が見られているといわれております。(※7,8)

まとめ

AGAと同じく、壮年性脱毛症もミノキシジルの使用で効果が見込める可能性があります。場合によっては他の治療法との併用も視野に入れながら、治療を進めていくと効果が見えやすくなるかもしれません。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■ミノキシジルの基本情報
■ミノキシジルはなぜ薄毛に効果的?作用のメカニズムとは

参考記事

※1)東京医科大学、皮膚科学分野
http://www.tokyo-med.ac.jp/derma/patient_care/symptom/datsumo.html

※2)MSD、AGA-News、AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

※3)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※4)ミノキシジルの発毛作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

※5)MSD、AGA-News、髪の毛って何
http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

※6)男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※7)プロペシア添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900XF1021_2_08/

※8)ザガーロ添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/249900AM1023_1_05/