ミノキシジル

ミノキシジル初期脱毛の原因は?いつなるの?具体的な症状や対策方法

最終更新日:

AGA治療の成分に含まれているミノキシジルですが、発毛・育毛に効果があるとされつつも初期脱毛があると言われています。発毛や育毛を期待しているのに、脱毛が起こるとさらに不安が募ります。なぜミノキシジルを飲むと初期脱毛が起こるのか、具体的な症状や対策方法も解説します。

目次※知りたい情報をクリック

そもそも初期脱毛とは?ミノキシジルによる初期脱毛の有無

そもそも初期脱毛とは、古くなった、または弱くなった毛髪が抜けていくことです。これは、育毛・発毛するのに欠かせないヘアサイクルです。しかしミノキシジルの服用により、この初期脱毛が発生し、不安を抱く方がいらっしゃいます。

ミノキシジルによって初期脱毛が発生する理由には、服用者のヘアサイクルを正常に整える作用によるものが挙げられます。この作用が初期脱毛も発生させます。初期脱毛は、育たなくなった弱い髪を新しい髪に生まれ変わらせるためには、必要なことですので心配は要りません。不健康な毛を健康な毛に生え変わることを考えると必ず乗り越えなければならない症状なのです。

ミノキシジルによる初期脱毛の原因

ミノキシジルによって起こる初期脱毛はヘアサイクルが影響していることがわかりました。ヘアサイクルとは、簡単に言えば毛髪が抜け、新しい髪へと生えることを繰り返すことです。このヘアサイクルには一定の決まりがあり、成長期・退行期・休止期があります。

成長期 髪が成長する段階のこと。毛母細胞の細胞分裂が活発化して毛髪は成長していきます。2年〜6年が成長期となります。成長期が長いと、その分毛髪は長く、太く成長します。
退行期 髪の成長が止まり、抜ける準備を始まる期間のことです。その期間は2〜3週間です。毛包や毛球が縮み、毛母細胞の活動も減少します。
休止期 毛髪の活動が休止してしまうことです。この時期の毛髪は抜け始める準備が整った毛髪なので、ブラシや手ぐしなどで簡単に抜けてしまいます。期間は2〜3か月程度となっています。

初期脱毛のメカニズムは、成長が完全に終わった古い髪を押し出して、新しく健康的な髪が生える準備をすることです。休止期から成長期へ変わるサイクルを正常に促すためにミノキシジルは有効的なのです。逆にこの初期脱毛がなければ、ミノキシジルは効果を発揮できていないということ。初期脱毛は、古い髪を排除して新しい髪が生えてくるための準備段階なので髪が抜けても安心しましょう。

ミノキシジルによる初期脱毛の症状や期間

ミノキシジルの成分が入った治療薬を服用することにより、どんな症状やどんな特徴の髪が抜けるのか。ここでは、ミノキシジルによる症状や期間を紹介します。

短くて細い髪が抜けてしまう

薄毛や抜け毛などに伴うAGA治療が必要とする患者さんのヘアサイクルは乱れています。決して髪の状態や頭皮の状態は健康と言えず、栄養が行きわたっていません。その状態の髪は短くて細い髪であり、すぐに抜けてしまうという状態なのです。ミノキシジルを使用すると、短くて細い髪から抜けます。

見た目に薄毛と分かる程度までは抜けない

初期脱毛は見た目にはわからない程度が多いと言われています。もともとの髪の体質が薄毛の人は、頭皮まで見えてしまうこともあるかもしれませんが、ごくまれなケースです。

一般的に初期脱毛が続くのは約2週間~1か月程度

新しく生まれ変わる髪だと言ってもどれくらい続くのか不安になる人も多いでしょう。一般的に初期脱毛が続く期間は2週間から1か月程度です。これにも個人差がありますが、だいたい1か月ほど続くと考えておきましょう。また、ヘアサイクルを正常に戻すためにはミノキシジルだけに頼らず、日々の食生活や睡眠状況、生活習慣を見直すことも大事です。

初期脱毛が見られた時の対処方法

ミノキシジルを使用して初期脱毛が見られた場合や初期脱毛が起こっている時期は、薄毛で悩んでいたのにさらに抜けてしまって人前に出たくないと引っ込み思案になりがちです。しかし、この初期脱毛にも終わりはあります。それまでの間、自身で対処できる方法を紹介します。

使用継続・中断の判断

初期脱毛が見られた場合は、ミノキシジルの使用を停止した方がいいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし。これは新たに健康的な髪が生えるための段階で、ヘアサイクルを整えるためには避けては通れない道です。頭皮に異常がない限り、使用は続けましょう。

不安であれば医師に相談すること

初期脱毛として許容できない範囲、もしくは抜け毛がひどく気になる方は悩まず、速やかに医師に相談しましょう。ただ、初期脱毛が強いからと言って自己判断でミノキシジルの使用を中止したり、初期脱毛の症状が出ない育毛剤切り替えたりはしないでください。

 

その他初期脱毛時に簡単にできる対処方法

初期脱毛の対処には薬の服用方法や医師への相談以外にも対処方法があります。すぐにできる簡単なものをご紹介します。

部分ウィッグや全体を覆うタイプのウィッグを活用

最近は部分的なものや色や長さ、デザインも豊富なウィッグがあります。価格も様々なので、自分の頭にあったウィッグを選び初期脱毛のストレスを軽減しましょう。

おしゃれも楽しめる、手軽なアイテム「帽子」を活用

帽子なら手持ちで持っている人も多いのではないでしょうか。外出時もすぐに被ることができて、おしゃれも楽しめるのでおすすめです。

髪全体にパーマをかけたり、分け目を変えたりしてカバー

パーマをかけたり分け目を変えたりして初期脱毛を紛らわせることが可能です。パーマをかけると髪にボリュームが出るのである程度脱毛をカバーでき、雰囲気も新たに気分転換にもなるでしょう。

 

ミノキシジルの初期脱毛は健康な髪を作るサイクルを促す印!

ミノキシジルの初期脱毛は、治療をしていく上で欠かせない経過であり、ごく自然な症状です。薄毛に悩んでいるにも関わらず、さらに脱毛してしまうのかと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、これまでの頭皮の状態から一歩踏み出すためにも乗り越えるべきハードルなのです。医師の指示を仰ぎながら、悩みすぎず楽な気持ちで乗り越えましょう。


※1)AGA-news
http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。