メニューを閉じる

 > 
 > 
ミノキシジル

ミノキシジルについて

サムネイル:ミノキシジルについて

ミノキシジルは、プロペシアと共にAGAの治療に効果的とされている治療薬です。外用薬と内服薬の2種類に分かれており、日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて「行うよう強く勧められる」とされています。

ミノキシジルは元来、アメリカにおいて血管拡張作用のある高血圧治療剤として開発されましたが、その作用の中に発毛効果がみられ、当初は発毛用の外用薬として用いられるようになりました。

ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、生体内でエネルギー伝達やシグナルの運搬に関わるアデノシンという成分を分泌させます。アデノシンには、VEGFやKGFといった毛髪の生成をサポートする細胞増殖因子の産生を促す働きがあります。ミノキシジルによって発毛が促進されるのは、このためです。

ミノキシジルの効果

サムネイル:

上述したように、ミノキシジルには発毛を促進する効果があります。発毛が促されるメカニズムについては、さまざまな研究によって判明しています。

・血流改善作用
ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されたものであり、血管拡張作用があります。これにより、血流が改善されることで頭皮の隅々に栄養が行き渡るようになります。
・細胞増殖作用と細胞成長因子産生作用
ミノキシジルは毛包に直接作用することで、毛母細胞の活性化や成長因子の産生を促します。
・毛細胞アポトーシスの抑制作用
細胞は自身の増殖を抑制するため、一定期間で自壊するようになっています。この自壊作用をアポトーシスといい、これを抑制すること成長期がより長く続きます。

こうした作用により、ミノキシジルの発毛効果が発揮されることが分かっています。

外用薬と内服薬の違い

サムネイル:外用薬と内服薬の違い

ミノキシジルには、外用薬と内服薬の2種類があります。どちらも得られる効果は同じですが、効果の強さや副作用のリスクなどいくつか異なる点があります。 外用薬と内服薬を比べた場合、得られる効果は内服薬のほうが高い傾向にあります。外用薬は、頭皮の状態などによっては浸透しにくいケースもみられます。これに対して内服薬は成分が血液に吸収されて頭皮に運ばれるため、ムラなく毛根に有効成分が届きます。そのため、外用薬に比べて内服薬は高い効果が得られます。 上述したように、ミノキシジルは内服薬のほうが高い効果が得られると考えられています。なお、効果の高さに比例して副作用のリスクも高くなります。内服薬は外用薬に比べて副作用の発現率が高く、また重い副作用が発現する可能性も高いのです。

以上のことから、効果だけをみれば内服薬が、安全性の面では外用薬が優れているといえます。

ミノキシジルの副作用

サムネイル:ミノキシジルの副作用

外用薬は頭皮に塗布する治療薬であるため、副作用の発現率は極めて低いと考えられています。しかし、ゼロではありません。外用薬で発現する副作用としては、主に頭痛や痒み、かぶれ、湿疹などがあげられます。特に発現頻度が高いのは痒みで、添加されているエタノールやミノキシジル自体へのアレルギーによって発現している可能性もありますが、多くはプロピレングリコールという防腐・防カビに優れた成分が原因となっています。また、こうした頭皮の異変だけでなく、動悸や胸痛といった症状が引き起こされるケースもあります。多量のミノキシジルによって低血圧が引き起こされる可能性もあるため、使用には注意が必要です。

内服薬の副作用としては、血管拡張作用による血圧の低下や動悸、不整脈といった症状があげられます。狭心症や多臓器不全といった副作用も確認されているため、外用薬に比べて副作用のリスクは高いといえます。こうしたリスクの高さから、ミノキシジルの内服薬は認可されていません。服用する場合は医師の説明をしっかりと受け、定期的にメディカルチェックを受けることが大切です。この他、比較的軽い副作用としては全身の多毛や赤ら顔なども確認されています。 いずれの場合でも、気になる症状があれば医師にご相談ください。

ミノキシジルの用法・用量

サムネイル:ミノキシジルの用法・用量

外用薬の場合、20歳以上の成人であれば1日2回、1回あたり1ml(0.01g)を脱毛部分の頭皮に塗布してください。

内服薬には2.5mg錠、5mg錠、10mg錠の3種類があり、一般的には1日1回または2回、1日5mgを服用します。効果が薄い場合には10mgに増やすケースもあります。

服用期間については、発毛効果を実感するためには、少なくとも6ヶ月間は使用を継続することが大切です。なお、発毛効果があらわれた後も使用を継続すれば、AGAの進行予防に効果的です。

プロペシアやザガーロとの併用について

サムネイル:プロペシアやザガーロとの併用について

ミノキシジルは、毛髪の生成を補助する細胞増殖因子の産生を促すことで発毛効果を生じさせます。なお、ミノキシジルは発毛促進には効果的ですが、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンには働きかけません。

そのため、AGAの対策として効果を期待するのであれば、プロペシアやザガーロといった5α還元酵素阻害薬と併用することが大切です。プロペシアやザガーロは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成に関与する5α還元酵素を阻害し、AGAの進行を遅らせます。つまり、ミノキシジルとプロペシアやザガーロを併用すればAGAの進行を防ぎながら発毛を促すことができるため、より効果的に脱毛症状を改善することが可能です。

なお、ミノキシジルと5α還元酵素阻害薬は作用機序が異なることから、併用は問題ないとされています。

ミノキシジルの使用上の注意点

サムネイル:ミノキシジルの使用上の注意点

外用薬については、洗髪後など頭皮が清潔なときに使用してください。

患部に適量を塗布します。頭皮に湿疹やかぶれ等がある場合は、使用しないでください。副作用が出た場合はすぐに使用をやめ、医師にご相談ください。

ミノキシジルの内服薬を処方できない方

サムネイル:ミノキシジルの内服薬を処方できない方

以下に該当される方は、ミノキシジルを処方することができない場合があります。

  • ・ミノキシジルの成分に対して、過敏症状が出たことのある方
  • ・20歳未満の方
    (この年齢の方を対象とした臨床試験を行っておらず、安全性や有効性が確認されていないため)
  • ・AGA以外の脱毛症の方、あるいは原因の分からない脱毛症の方
  • ・急激な脱毛、斑状に抜け毛がみられる方
  • ・心臓や腎臓に障害のある方
  • ・甲状腺機能障害の方
  • ・降圧剤を服用している方

ミノキシジルの偽造薬(厚生労働省 未承認薬)に要注意

サムネイル:ミノキシジルの偽造薬(厚生労働省 未承認薬)に要注意

厚生労働省などの報告によって、インターネットの個人輸入サイトで偽造薬(厚生労働省 未承認薬)のミノキシジルが販売されていることが分かっています。偽造薬(厚生労働省 未承認薬)のミノキシジルの中には有効成分の含まれていないものであれば、人体に有害な成分を含んだものもあります。効果や安全性を考えると、ミノキシジルは正規の医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

初診優待予約はこちらから

ミノキシジルをもっと知る

一覧へ

ミノキシジルの使用方法

一覧へ

ミノキシジルの特徴