AGA専門外来

ミノキシジル

ミノキシジルとは?
薬の種類やAGAへの効果、気になる副作用を解説

薄毛に効果的な薬として知られるミノキシジル。具体的にどのような特徴があるかご存知でしょうか?実は意外なきっかけで判明したミノキシジルの効果や、気になる副作用、そして安全な入手方法について解説します。ぜひ薄毛治療の参考にしてください。

ミノキシジルとは?薬の種類やAGAへの効果、気になる副作用を解説

目次

知りたい情報をクリックすると該当コンテンツに飛びます

最終更新日:

1. ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、現在のファイザーである、アメリカのアップジョン社という会社が高血圧の患者向けに降圧剤として開発した成分です。これを服用した患者の中に、全身の毛が濃くなる多毛症の症状が認められたことで、発毛剤としての研究が開始されました。その後、臨床結果において発毛の効果を認めることができたため、厚生労働省認可の薄毛治療の外用薬として使われるようになりました。(※1、2)

2. ミノキシジルにはどのような効果がある?

2-1. 薄毛の改善や発毛の可能性

ミノキシジルの最大の特徴は薄毛症状の改善、発毛の可能性があることです。実際に大正製薬が発表した、ミノキシジル5%の薬品の長期投与による臨床データによると、24週間投与では80%以上の被験者が改善を実感。44週間を超えると、60%以上が中等度の改善の結果を示しています。

この中等度とは、薄くなった領域に新発毛がみられてはいますが、薄くならなかった箇所よりも薄いというものです。実に60%以上の利用者が薄くなった頭皮に発毛をみられたという驚異的なデータでもあります。(※3)

2-2. ミノキシジルが薄毛に効果的な理由

ミノキシジルが発毛を促す理由にはAGAと呼ばれる、男性型脱毛症の原因であるヘアサイクルの乱れにポイントがあります。

ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期とあり、そのサイクルを循環する過程で髪の毛が抜け替わります。しかし、男性型脱毛症の男性の場合はこのサイクルが乱れてしまい、次の髪の毛が生えてくる前に抜けてしまい頭皮が薄くなってしまいます。

頭皮の細胞で、ヘアサイクルを司っているのは毛包と呼ばれる部分で、この毛包がなんらかの原因で縮まってしまうと、ヘアサイクルが乱れてしまいます。ミノキシジルはこの毛包に働きかけ、活性化させることで健全なヘアサイクルに戻す作用があるとされています。(※4)

3. 効果を得るための服用期間

3-1. ヘアサイクルからみて4ヶ月は必要とされる

薄毛の原因であるヘアサイクルは、基本的に4ヶ月の周期で動いていると言われています。前述の大正製薬の臨床データにおいても、12週間の時点では中程度の改善をみせた被験者はほとんどみられませんが、4か月を経過した16週間からようやく1割(10.4%)の被験者が中程度の回復をみせています。ミノキシジルを内服してから、髪の毛が育つ4ヶ月というサイクルを経て、ようやく効果が現れるということがわかります。(※5)

3-2. 効果の実感には個人差がある

ミノキシジルの効果の実感には6ヶ月以上要すると言われています。その理由は4ヶ月のヘアサイクルと効果の個人差が大きいという点です。薬と内服した人の身体の相性に加え、内服した時点の薄毛の進行具合も影響するのです。

6ヶ月というと長いように感じますが、大正製薬の臨床データによれば5週間を経過したあたりで中程度の発毛効果があったとされる被験者は4.1%から16.7%まで伸びており、その後も緩やかに伸び続け、10ヶ月服用すると中程度の発毛を感じた被験者は4割を超えます。ミノキシジルの効果は徐々に出始めるということがわかります。(※6)

4. ミノキシジルの種類

ミノキシジルには、大きく分けて内服薬と外用薬が存在します。それぞれにメリット、デメリットがありますので、入手方法などとともに紹介します。(※7)

内服薬 外用薬
薬品 タブレット ローション
入手方法 1.専門の医師からの処方
2.一部ネットでの購入
1.専門機関での購入
2.薬局等での市販
メリット 1.処方であれば医師の指示を受けられる
2.一定の効果が出やすい
1.比較的副作用が少ない
2.通院の必要がない
デメリット 1.副作用のリスク
2.ネット購入にはリスクあり
3.処方を受けた場合は少し高額
1.タブレッドに比べ効果を感じにくい

ミノキシジルを含有している薬品には、タブレット型と塗布型のものとがあります。

処方が必要なので通院などの手間が必要ですが、副作用に対し医師の指示を仰ぐことができ、比較的安全に薄毛治療を行えます。しかし、医療機関からの処方を受けた場合、どうしても高額になってしまうため、中にはネットでの購入を検討する人も多いです。しかし、その場合、副作用のリスクへの対応が難しくなってしまうデメリットがあります。

外用薬である塗布剤の場合、薬局等で薬剤師からの説明を受けて購入できるので、手軽に治療を始められます。また、副作用が小さいのもメリットですが、即効性がなく効果を感じにくいというデメリットもあります。また、皮膚の弱い方には向いていないという特徴もあります。(※7)

5. ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはAGAに効果的な成分で、服用した人の多くの方が発毛を実感しています。しかし、その一方で、降圧剤として開発された経緯もあり、副作用も多あります。副作用について詳しくご紹介します。

5-1. 内服薬の副作用

  • 初期脱毛:服用初期、まれに脱毛が起こる
  • 多毛症:頭髪以外にも全身にわたって発毛、毛が太くなるという症状がみられる
  • 低血圧:血圧の低下がみられる
  • むくみ:一定の割合で、顔や足などにむくみの症状がみられる
  • 肝機能障害:内服による肝臓への負荷のため
  • 動機:血流を良くする効果の副作用
  • めまい、立ちくらみ:降圧作用によるもの

(※8)

タブレッド型の内服薬の場合、ミノキシジル特有の初期脱毛や多毛症に加えて、他の錠剤の薬同様、肝臓への負担が懸念されます。また、それに伴い、むくみなどの症状も出現する場合があります。もともと血圧を下げる降圧剤としての性質があるため、低血圧、めまい、立ちくらみが出るケースも考えられます。(※8、9)

5-2. 外用薬の副作用

  • 初期脱毛:ヘアサイクルの初期に出現することあり
  • 頭皮のかゆみ:血管が拡張されることにより発症
  • 皮膚のアレルギー反応:ミノキシジルを配合する溶剤や、ミノキシジル自体に反応

外用薬の特徴としては直接頭皮に塗布する特性上、皮膚が弱い方や、薬と身体が合わない方は頭皮にかゆみや、赤み、湿疹などの症状が現れる場合があります。そのような症状が認められた場合にはすぐに使用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。

6. ミノキシジルの効果を高めるなら専門の医師への相談がおすすめ

ミノキシジルの効果や種類、副作用についてご紹介しました。ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。専門の医師に相談しミノキシジルを使用することで、その効果や副作用を考慮し安全に治療することができます。ぜひお気軽にご相談ください。

7. 参考URL

※1)リブラクリニック「ミノキシジルとは」(ミノキシジルの歴史)
https://men.libraclinic.com/propecia/minoxidil_about.html

※2)メンズヘルスクリニック東京「ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?」(ミノキシジルとは)
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/aga_column_01/report12.html

※3)大正製薬「リアップX5プラスの発毛効果データ」
https://brand.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

※4)メンズヘルスクリニック東京「ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?」(ミノキシジルがAGAに効く仕組み)
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/aga_column_01/report12.html

※5)メンズヘルスクリニック東京「ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?」(効果が出るのは約4カ月後から)
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/aga_column_01/report12.html

※6)メンズヘルスクリニック東京「ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?」(効果には個人差がある)
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/aga_column_01/report12.html

※7)「ミノキシジルの効果と種類と育毛のポイント」(ミノキシジルの種類と効果の違い)
https://www.comunidadhorta.org/minokishiziru-157/

※8)ヘアメディカル「ミノキシジルの効果と副作用」
https://www.hairmedical.com/minoxidil/

※9)髪のせんせい(ミノキシジル大学)「ミノキシジルの服用は肝臓に負担をかける?そもそも薬と肝臓の関係は。」
https://www.hairdoctor-men.com/minoxidil/103488/

この記事の監修者

西澤 康平の写真
西澤 康平の写真

西澤 康平

イースト駅前クリニック 京都四条烏丸院 院長


2006年03月 北海道大学医学部卒業、2013年04月 札幌医科大学付属病院 研修医、2016年03月 釧路優心病院 精神科 勤務医、2017年10月 イースト駅前クリニック京都四条烏丸院 院長就任

イースト駅前クリニック所属医師

当サイトの運営者情報はこちら

AGAについてのよくあるお問合せ

  • プロペシアの主な副作用はなんですか?

    国内で実施された臨床試験(1年)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められております。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。まれに食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、ご使用をおやめください。

    プロペシアについて

  • プロペシアの作用機序について教えてください。

    テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン:抜け毛の原因物質)へ変換する酵素(5α-還元酵素II型)を阻害し、AGAの進行抑制・改善効果を発揮します。
  • 服用中に献血をしても問題ないですか?

    服用中の方は献血をすることができません。献血をしたい場合は、プロペシアは1ヵ月以上、ザガーロは6ヵ月以上服用を中止することが必要です。