メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
AGAにはどの薬が効果的?薬剤によるAGA治療

AGA治療・治療薬について

AGAにはどの薬が効果的?薬剤によるAGA治療

一般的なAGA治療では、主にAGA治療薬と呼ばれている薬剤を使用して治療が行われます。AGA治療薬にはさまざまな種類があるため、どの治療薬がどのような効果を持っているのかについて知らないというのが一般的です。
そこで今回は、AGA治療の最前線で使われている治療薬の効果や効能、作用機序についてご紹介します。

AGAの症状に効果的な内服薬と外用薬

現在、主に使われているAGA治療薬は、内服薬の「プロペシア」と「ザガーロ」、そして外用薬の「ミノキシジル」の3種類です。それぞれAGAに対して有効な成分が含まれており、効果や作用機序に特徴があります。

 ・プロペシア
プロペシアは、有効成分であるフィナステリドが含まれている錠剤です。フィナステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼを阻害する作用があり、AGAの症状を改善することができます。なお、プロペシアはAGAのみに対して適応であり、他の脱毛症に対する効果がありません。また、プロペシアの効果を実感するには、3カ月~6カ月以上服用し続ける必要があります。服用し始めたばかりの頃は、効果を実感できなくて不安を感じるかもしれません。しかし、少しずつ目に見えて効果が現れてくるので継続的に服用することが大切です。

プロペシアの主な副作用は、EDなどの性機能の低下と肝機能障害が起こる恐れがあります。肝臓に病気を抱えている場合は、プロペシアを服用することができないので注意が必要です。

 ・ザガーロ
ザガーロは、有効成分としてデュタステリドが含まれているカプセルです。ザガーロは、プロペシアとほとんど同じ作用でAGAのみに適応し、含まれている有効成分のデュタステリドが5αリダクターゼを阻害するなどがあります。しかし、プロペシアよりもザガーロのほうがAGAに対して高い効果を期待できる薬だといわれています。ザガーロの有効成分のデュタステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型に働きかけます。そのため、どちらの5αリダクターゼであっても阻害することが可能なので、ジヒドロテストステロンの生成を大幅に抑制することができます。ザガーロの効果は、プロペシアと同じく長期的な服用が必要です。ザガーロの副作用には、EDなどの性機能の低下、鬱のような症状が起こる精神障害などがあります。

 ・ミノキシジル
ミノキシジルはAGA治療で使われる外用薬で、一般用医薬品に分類される育毛剤・発毛剤「リアップ」にも5%含まれています。元々ミノキシジルは、アメリカで経口降圧薬として開発されました。しかし、治験などの結果で多毛の副作用があると分かったことから育毛剤や発毛剤の有効成分として開発されて今に至ります。

ミノキシジルには、血流を増加させる作用があります。ミノキシジルを塗布した部分は刺激を受けて、血管の拡張を始めて血流が増加して毛母細胞に多くの血液が流れます。血液によって毛母細胞まで栄養が届きやすくなるので、育毛や発毛の効果を期待できます。AGAに対して医学的に有効性が立証されており、ミノキシジルを実際に1年以上使用した長期投与実験では有意な効果が得られたとの報告があります。重篤な副作用もなかったとされており、安全性が高くて安心して使える外用薬です。

AGA治療薬は病院で処方してもらおう

1Flickr AGA治療薬は、内服薬と外用薬の2種類に分かれます。内服薬のプロペシアやザガーロは、医療用医薬品に分類されているので、AGA治療を行っている病院やクリニックで処方を受ける必要があります。医療機関で処方を受けないで購入できるものは、国内で承認されていないお薬になりますのでご注意ください。

外用薬のミノキシジルは、AGAの症状が起こっている部分に塗るタイプのAGA治療薬です。有効成分の含まれている量によって効果が異なります。微量のミノキシジルが含まれているものなら、ドラッグストアなどで一般用医薬品として販売されています。しかし、微量のミノキシジルだと効果の実感に個人差が出ます。ミノキシジルの効果をより高く期待したいのなら、AGA治療を行っているクリニックで処方を受けるとよいでしょう。含まれているミノキシジルの量が多いので、市販のミノキシジルよりも高い効果を期待できます。

まとめ

現在のAGAの症状に対して効果的な治療薬は、主にプロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3種類です。それぞれ、有効成分や特徴が異なります。ただし、プロペシアとザガーロは、似たような作用なので併用して服用することはおすすめできません。しかし、ミノキシジルは、プロペシアやザガーロと併用することができます。むしろ、併用することでより高い相乗効果を期待することができます。

AGA治療薬の中には、プロペシアのような重篤な副作用を引き起こす可能性があるものもあるので医師の診断が必要です。他の病気の薬と飲み合わせる場合も危険性があるので、AGA治療薬を使用するときは専門のクリニックで診断を受けることが大切です。

一覧へ

AGA治療・治療薬について