メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
どれくらい治療を続ければ効果が出る?AGAの治療期間

AGA治療・治療薬について

どれくらい治療を続ければ効果が出る?AGAの治療期間

AGAを改善する方法は、病院やクリニックを訪れ、適切な治療を受けることです。AGAに詳しい専門医から症状を改善できるアドバイスを受けることもできます。

AGA治療では、内服薬の「プロペシア」や「ザガーロ」、外用薬の「ミノキシジル」などのAGAに対して効果のある有効成分が含まれた薬を使用します。なお、AGAは早期の治療効果を期待できません。そのため、AGAの治療を受ける際には長期間にわたって行うということを知っておくことが大切です。
そこで今回は、AGAを改善するために必要な治療期間についてご紹介します。

最低でも6カ月はAGA治療を受ける

AGA治療には、主に「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」の3種類の治療薬を使用します。この3つの治療薬はそれぞれ含まれている有効成分や効果が異なっていますが、いずれも長期間にわたって服用する必要があります。

錠剤タイプの内服薬であるプロペシアは、AGAに対する有効成分としてフィナステリドを含んでいます。フィナステリドは、AGAを発症させるジヒドロテストステロンの生成に関係している5αリダクターゼの働きを阻害して発毛を促進させる作用が期待できます。フィナステリドの作用は、ジヒドロテストステロンによって短くなっている毛髪の成長期を少しずつ長く延ばしていくことができ、毛髪量を増加させることができます。

プロペシアは、最低6カ月の服用が必要です。プロペシアの作用が出やすい体質の人なら、3カ月程度で抜け毛が減少したなどの効果を実感できることもあります。遅い人でも1年ほどで実感することができます。なお、プロペシアを服用し続けて1年以上の期間が経過しても効果を実感できない場合には、他の治療方法を検討する余地があるといえます。

カプセルタイプの内服薬であるザガーロは、プロペシアと同様に5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。しかし、プロペシアと異なる点がいくつかあります。それは、「有効成分がデュタステリド」「Ⅰ型とⅡ型の5αリダクターゼに働きかける」の2点です。プロペシアに含まれているフィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼのみに働きかけます。そのため、Ⅰ型の5αリダクターゼによるジヒドロテストステロンの生成を抑制することがプロペシアだと不可能でした。しかし、ザガーロがAGA治療薬として開発されてからⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害できるようになったので、AGAに対してより高く治療効果を期待できるようになったのです。とはいえ、治療期間はプロペシアと同じく最低6カ月は必要です。

早い人であれば3カ月程度で効果を実感できますが、遅い人だと実感できるまで1年かかることもあります。1年以上ザガーロを服用し続けても発毛効果が実感できない場合は、他の方法で改善を検討する必要があります。

ミノキシジルは、外用薬なのでAGAの症状が起こっている部分に直接塗って様子をみます。ミノキシジルは休止期の髪の毛から初期成長期の毛包の移行を促進したり、後期成長期の髪の毛への移行を促進したりして細い産毛から太い丈夫な髪の毛に成長させる作用が期待できます。

ヘアサイクルに合わせて発毛を促す薬なので、効果を実感するには1日2回1mlを塗る必要があり、最低でも6カ月続ける必要があります。ミノキシジルも、早い人だと抜け毛が減少したと3カ月ほどで実感できるといわれています。なお、プロペシアやザガーロと併用することでより高いAGA治療の効果を期待することも可能です。ただし、1年以上使用し続けて効果が期待できなかった場合、他の改善方法を検討する必要があります。

まとめ

1pixabayプロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの主なAGA治療薬は、いずれも6カ月以上の治療期間が必要となり、使い続けないと効果を実感できないと考えられています。AGA治療薬の効果は早い人だと3カ月程度で実感でき、遅くても1年で実感できるようになるとの共通点があります。

ただし、どのAGA治療薬も1年以上経過して発毛効果を実感できなければ、他の改善方法を検討する必要があります。

 

AGA治療は、健康保険が適用されません。そのため、長く治療を続ければ費用面の負担が大きくなります。1年以上続けてもAGA治療薬の効果が実感できなければ、治療を中止して他の方法で改善できるように考えましょう。AGA治療の専門医に相談すれば、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルのAGA治療薬以外の方法で改善できるようにアドバイスを受けられるので、相談することをおすすめします。

一覧へ

AGA治療・治療薬について