薄毛

なんだか髪が薄くなってきた……薄毛の原因とは?

最終更新日:

ヘアサロンや床屋で仕上がりを確認するのに後ろ姿を鏡で見て、髪の少なさや薄さにびっくりした経験のある人も多いのではないでしょうか。薄毛は少しずつ進行するものなので、「気がついたら薄毛になっていた」というのはよくあることです。

仕方がないので帽子をかぶったり、男性であればスキンヘッドにしたりと対処法はいろいろありますが、まず日常生活を見直してみることで薄毛の原因が見つかるかもしれません。

「薄毛は遺伝だから」とあきらめる前に、薄毛の原因をきちんと把握しましょう。

薄毛の主な原因

頭髪が抜け落ちて本数が減ったり、数は変わらないものの細くなったりして地肌が見えるような状態になると、いわゆる「薄毛」となります。

本来、髪の毛は約10万本あるといわれていますが、1日に50〜100本は自然と抜け落ちています。しかし、それを大幅に超えて抜ける状態が続くと、「病的脱毛」に該当します。

一般的に、薄毛の原因は以下の4つと考えられています。

・血液循環不良
髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を吸収して発育しますが、なんらかの原因で血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛が抜けやすくなります。

・男性ホルモンの影響
遺伝的に男性ホルモンによって毛乳頭細胞の分裂が鈍くなると、薄毛になりやすいといわれています。

・過剰な皮脂分泌
皮脂が異常に多く分泌されることで毛穴の詰まりなど皮膚に炎症が起きると、髪の毛の成長が低下することがあります。

・頭皮の緊張
成長や肥満などで頭皮が引っ張られ、頭蓋骨と頭皮の間の血管が圧迫されて血流が悪くなると、毛乳頭細胞の活動が妨げられて薄毛の原因となることがあります。

このように、薄毛の対策をする前に脱毛のタイプをチェックすることで、より効果的なアプローチが可能になります。

男性の薄毛

男性の薄毛は遺伝と考えられていますが、そうとばかりもいえません。

男性の薄毛で最も多いのは、「AGA(男性型脱毛症)」。これは思春期を過ぎてから発症すると考えられており、前頭部や頭頂部から薄毛が進行します。M字ハゲやつむじハゲなどが主な症状です。AGAは進行していく脱毛症なので、年齢とともに悪化していくという特徴があります。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変異し、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンになってしまうことで生じる薄毛です。発生したジヒドロテストステロンが、毛根を攻撃するのです。

悪玉男性ホルモンが発生する理由のひとつは、加齢です。男性更年期によって男性ホルモンの分泌量が下がり、その結果、ジヒドロテストステロンが発生します。また、睡眠が不足していると成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。この他、栄養バランスのとれた食事も、良質な男性ホルモンの分泌に欠かせません。

なお、現代日本人の食生活は乱れがちです。日本人の薄毛の増加には、食の欧米化が関与しているという説もあります。欧米化した高脂質な食事は、頭髪の成長に必要な頭皮の血行を妨げるともいわれています。

ストレスも、活性酸素を発生させてジヒドロテストステロン生成を増加させるため、薄毛を進行させる要因となります。そのため、ストレスは適度に発散することが大切です。さらに、紫外線も悪影響を与えると考えられています。夏は帽子をかぶるなど、基本的な対策が効果的です。

女性の薄毛

中年以降の女性に多い薄毛が、びまん性脱毛症です。びまんとは、広い範囲に広がるという意味です。男性型の脱毛症と違い、髪の毛が細くなるなどして頭髪全体が均等に薄くなるのが特徴です。加齢やストレス、激しいダイエット、頭皮に負担がかかるヘアケア、ホルモンバランスの乱れなどによってヘアサイクルの成長期が短くなり、軟毛化する傾向にあります。症状の特徴としては、分け目が気になる、ボリュームが減った、髪の毛そのものが細くなる、頭皮が透けて見えるなどがあげられます。「FAGA(女性男性型脱毛症)」は、びまん性脱毛症のひとつです。

 

この他にも、女性特有の抜け毛の症状で「分娩後脱毛症」というものがあります。これは、出産後に髪の毛が抜けていく脱毛症です。出産後、約2ヶ月以降に発症し、半年から1年ほど続くといわれています。

妊娠中は、出産準備のためにエストロゲンという女性ホルモンの分泌が活発になることによって抜け毛が減りますが、出産を終えるとエストロゲンの分泌量がもとに戻るため、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜け、抜け毛の量が増えます。多くの場合、半年ほどの期間で治まるといわれており、それゆえ過度に心配する必要のない脱毛症状ですが、一年しても症状が回復しないようであれば他の原因を疑ったほうがよいかもしれません。

薄毛の原因がAGAであれば、早期に発見して治療を行うことで改善が期待できます。薄毛が気になる場合は、ひとりで抱え込まずに専門の医療機関に相談しましょう。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■AGAの原因にストレスは関係している?
■どうして髪が抜けた?抜け毛の原因は毛根を見よう!
■後頭部の薄毛はAGAではない?後頭部の薄毛の原因と改善方法をご紹介
■原因をしっかり解消!薄毛の改善に効果的な漢方!

この記事の監修者

平田 勝俊の写真
平田 勝俊の写真

平田 勝俊

1987年03月 長崎大学医学部卒業
1987年06月 長崎大学病院 脳神経外科入局
1993年08月 北九州市立八幡病院 部長
2001年09月 福岡徳洲会病院 医長
2002年12月 ひらた脳神経外科クリニック 院長
2019年08月 イースト駅前クリニック名古屋院 院長就任

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。