メニューを閉じる

 > 
 > 
 > 
AGAにはタイプがある!AGAの進行パターンについて

AGAについて

AGAにはタイプがある!AGAの進行パターンについて

全国で1,200万人以上の男性を悩ませているAGA。そんなAGAの症状には、複数のタイプがあることをご存知でしょうか?AGAは人によって進行パターンに違いがあり、その進行パターンによって症状の出方も異なってきます。
今回は、AGAの進行パターンや症状のタイプについてご紹介します。

AGAにおける3つの進行パターン

1FlickrAGAは、前頭部と頭頂部のみに脱毛症状が起こるのが特徴です。
とはいえ、AGAで最初にあらわれる脱毛部位は人によって異なっており、前頭部から薄くなるタイプの人もいれば頭頂部から薄くなるタイプの人や、前頭部と頭頂部の両方が同時に薄くなっていくタイプの人もいます。
前頭部から薄くなるタイプの人は、額の生え際から脱毛がはじまり、頭頂部へと後退していくのが特徴です。M字型に脱毛していくことから、“M型脱毛”と呼ばれています。
対して、頭頂部から薄くなるタイプの人は、頭のつむじ部分から脱毛がはじまり、その範囲を広げるように進行していきます。こちらは、つむじ部分の脱毛がカッパのお皿のように見えることから“カッパ型脱毛”と呼ばれています。
そして、M型脱毛とカッパ型脱毛の混合タイプの人。このタイプの人は前頭部と頭頂部の両方で脱毛が起こるため、M型脱毛やカッパ型脱毛の人より進行が早い傾向にあります。

欧米人と日本人で異なるAGAのタイプ

2FlickrAGAには人種的な差異もみられます。
まず、発症率です。

たとえば、欧米人では50%もの男性がAGAになるのに対し、日本人のAGA発症率は30%となっています。現在、全国で1,200万人以上の人がAGAになっているとはいえ、日本人は欧米人よりもAGAを発症しにくい人種なのです。
また、欧米人と日本人では、AGAの進行パターンにも違いがみられます。
欧米人のAGAでは前頭部から脱毛がはじまる人が多いのに対し、日本人のAGAでは頭頂部から脱毛がはじまる人が多い傾向にあります。欧米人はM字型、日本人はカッパ型に進行していく人が多く、同じ男性でも欧米人と日本人ではAGAの進行パターンに違いがみられるのです。
なお、欧米人と日本人のこのような進行パターンの違いは、AGAの症状のタイプにも影響しています。
欧米のAGA治療では「ハミルトン・ノーウッド分類」というAGAの症状タイプをまとめた診断指針を基礎としたものが用いられており、かつてこれを日本に導入したところ、日本人の症状のタイプとは当てはまらないものが多数みられたといいます。

そこで日本のAGA治療では、日本人ならではの脱毛の進行パターンや症状のタイプをまとめた「高島分類」が用いられるようになりました。高島分類は皮膚科医の高島巌氏がハミルトン・ノーウッド分類に修正を加えて作成したもので、現在でもAGA治療を取り扱う皮膚科やクリニックで使用されています。日本のAGA治療の診断指針になるものといっても過言ではないでしょう。
AGAの疑いがある人は高島分類をチェックし、自分の進行パターンや症状のタイプがどれに当てはまるのかを確認してみても良いかもしれません。

とはいえ、AGAの進行パターンや症状のタイプには、人種による差異のみならず、遺伝や体質による個人差も関係しています。
たしかにAGAの進行パターンや症状のタイプは、額の後退や頭頂部の脱毛などを基準に高島分類を用いて自己診断することもできますが、必ずしもその結果だけにとらわれてはいけません。効果的な治療を行うためにはAGA治療を取り扱う皮膚科やクリニックへ足を運び、専門医の判断を仰ぐのが最も理想的といえるでしょう。

→その他AGAの基本的な情報はこちらからご覧いただけます。

一覧へ

AGAについて