AGA治療・治療薬について

AGA治療は効果ある?出始めるまでの期間、効果がないと感じる原因を解説

最終更新日:

AGAとは、生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性特有の脱毛症のことです。外見上の観点から、多くの男性が悩まされる病気の一つと言えます。そんなAGA治療の効果には個人差があります。また、効果が出始めるまでの時間なども、人によって異なります。そこで今回は、いつまでAGA治療を続ければよいのか、効果を高めるポイントなどを詳しく解説します。

目次※知りたい情報をクリック

AGA治療は本当に効果があるのか

これまで、AGAはその発症原因や治療法などについて、様々な研究が重ねられてきました。これら研究から、現在日本では「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」の3種類の薬剤を用いた治療が行われています。

これらは、推奨されている治療方法であり、研究からも被験者の頭皮に変化が見られたとされている薬剤です。 (※1)

推奨されているAGA治療の仕組みと種類

AGAは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」の働きによって、髪が育まれる「成長期」という時期が短縮することで引き起こされると考えられています。男性ホルモンは通常、体毛を濃くする作用があります。しかし、頭頂部や髪の生え際などの頭髪は「ジヒドロテストステロン」が作用すると、成長が抑制されることが様々な研究によって明らかにされているのです。

このため、AGAには、「ジヒドロテストステロン」の生成を阻害する薬剤や、頭皮の血流を改善して毛根の細胞の増殖を促す薬剤などが用いられています。一般的には次の3つのものが広く使用されています。

推奨されている成分

フィナステリド 「ジヒドロテストステロン」は、5α-還元酵素によってテストステロンが還元されることによって生成されます。フィナステリドは、Ⅱ型5α-還元酵素の働きを阻害する作用を持ちます。
デュタステリド フィナステリドと同じく、「ジヒドロテストステロン」の産生を促す5α-還元酵素の働きを阻害する作用を持ちます。Ⅰ型、Ⅱ型双方の酵素を阻害するのが特徴です。
ミノキシジル 頭皮に直接塗るタイプの薬で、血管を拡張させて頭皮の血流を改善したり、頭皮を柔らかくしたりする作用を持ちます。

(※2、3)

また、これらの薬物を用いた治療以外にも、日本皮膚科学会による「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、AGAの治療には植毛術や頭皮へのレーザー照射、アデノシンの外用なども有用とされています。

それぞれの治療の効果には個人差ありますので、一つの治療方法だけでなく、状態に合わせていくつかの方法を組み合わせながら治療を進めていくのが一般的です。

期待できる効果

上で述べたようなAGAの治療は効果の現れ方に個人差があり、一概にどの治療法が最も有用と言うことはできません。

ただし、フィナステリドの内服治療(1 mg/日)を1年間続けることで症状が改善したと実感した方は58%だったのに対し、3年間の治療により効果を実感した方は78%。また、デュタステリドも治療を1年以上続けることで頭髪の量が増えることが、実際に内服を続けた方たちの調査によって分かっています。さらに、ミノキシジルの外用も調査によって、頭髪の量が増えることが証明されています。

このような結果から、日本皮膚科学会ではAGAに対する治療として、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの使用が推奨されているのです。 (※1)

AGA治療の効果が出始めるまでの期間・費用

AGA治療に用いられる薬は、それぞれ頭髪を増やしてAGAの症状を改善する効果が実証されています。しかし、その効果の現れ方や効果が出始めるまでの期間には個人差があり、かかる費用も異なります。

効果が出始めるまでの期間

AGA治療の効果の現れ方は、人によって大きく異なるため一概に言うことはできませんが、早い方であれば3~4カ月ほどで実感することができ、1年以上経過しても目立った効果が実感できない方も少なくありません。

しかし、AGAは毛根の細胞自体がダメージを受けているわけではなく、「ジヒドロテストステロン」の作用によって「成長期」が短くなることで、頭髪が細く短い産毛のような状態になります。このため、治療を続けて「成長期」を伸ばすことで、産毛のような頭髪から太くコシのある頭髪にすることが可能と考えられているのです。

十分な効果が出るまでにかかる費用

AGAに対する薬物治療などは健康保険が適応されないため、全額自己負担で治療を行います。そのため、治療費は一般的な病気よりも高額であり、医療機関によってもバラつきがあります。

一か月あたりの治療費の相場は、上で述べたような薬物治療のみの場合は診察料などを含めて3,000円~1万円程度です。しかし、美容皮膚科などで広く行われているレーザー治療や育毛促進因子の頭皮への注入治療などを同時に行う場合は、一か月に10万円を超える費用が必要になることもあります。

AGA治療を開始する際には、治療の内容や必要性はもちろんのこと、1年間にどれくらいの治療費が必要になるのか事前に確認しておくようにしましょう。

AGA治療に効果がないと感じる原因4つ

AGA治療の効果には個人差があります。また、効果を感じられない理由も様々。中でも特に見られる原因は以下の4つです。

・治療開始時にすでに進行している
・頭皮や毛根の状態が悪い
・頭髪の生育に必要な栄養素が不足している
・効果が出始める前に治療を自己中断した

数年間に渡る治療でも全く効果が実感できない方の場合、治療を開始した時点ですでに毛根の細胞が死滅している、加齢によって毛根の細胞の増殖能力自体が低下していることなどが考えられます。AGAの薬物治療は、「成長期」の短縮を促す「ジヒドロテストステロン」の生成を抑えたり、頭皮の状態を改善したりすることで、「成長期」を伸ばし、頭髪の正常な育成を促すものです。このため、毛根の細胞自体が死滅している状態の場合には当然ながら十分な治療効果を得ることができません。

また、頭皮の過剰な皮脂分泌による炎症や毛穴つまりや、過度なダイエットでもAGA治療の効果が実感できないケースがあります。AGAは頭皮環境が悪かったり、頭髪の育成に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどが十分に摂取できていなかったりすると、頭髪の育成が困難になり、治療効果が薄くなります。

そして、十分な効果が出始める前に自己判断で治療を中止したり、投薬量を減らす、投薬を忘れたりすることで、効果を感じられないことがあります。AGAの治療は上でも述べた通り、長い期間が必要となりますので焦らず確実に続けていくようにしましょう。

AGA治療がより効果的になるポイント

AGA治療はただ治療薬を服用すれば良いというものではありません。AGA治療をより効果的なものにするために、以下のポイントを抑えておきましょう。

・早めに専門クリニックを受診する
・生活習慣を改善する
・頭皮を清潔に保つ
・治療を継続する

早めに専門クリニックを受診する

AGAの治療効果をより高めるには、薄毛が気になった段階で専門クリニックを受診することが大切です。頭頂部や髪の生え際などに産毛が生えている場合は、毛根の細胞が死滅していないと考えられますので、治療による症状改善が期待できます。

また、専門クリニックでは多くのノウハウから患者一人一人に合わせた治療を組み合わせ、それぞれに適した治療を行えます。薄毛が気になり出した段階で早めに相談することが大切です。

生活習慣を改善する

AGAを改善するには、頭皮の血行を改善し、頭髪の育成に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラルなどの栄養をバランスよく摂ることが大切です。

頭皮の血行は、喫煙や過度な飲酒などによって悪くなりますので、禁煙や節酒を心がけるようにしましょう。また、極端に偏った食事や無理なダイエットは避け、3食規則正しいバランスの整った食事を摂りましょう。

その他にもストレスや睡眠不足などが育毛の妨げになるとも考えられていますので、生活リズムを整えて、心身ともにリラックスできる生活を送るのが理想です。

頭皮を清潔に保つ

頭皮は皮脂の分泌が多く、炎症や毛穴詰まりなどを起こしやすい部位です。頭髪の育成を促すには、頭皮を常に清潔な状態を維持して、洗髪の際には毛穴につまった皮脂を洗い流すよう注意してみましょう。

治療を継続する

AGAの治療には長い時間がかかり、治療を開始したばかりの頃から十分な効果を実感できる方はほとんどいません。しかし、AGAは治療を継続することで効果を実感できる可能性が高いため、途中で治療を投げ出さずにまずは1年間を目途に継続しましょう。

AGA治療の効果拡大には、生活の見直しと医師との相談

AGAは成人男性の3人に1人が悩まされる脱毛症の一種です。AGAには科学的に効果が実証されている治療薬があり、多くの男性が治療を受けることで症状改善を果たしています。しかし、効果が出始めるまでには長い時間を要し、治療を開始した後も生活習慣などに注意する必要があります。

また、AGAは治療開始が遅れるほど効果が実感しにくいケースが多くなります。薄毛が気になる場合は生活習慣改善と共に、専門のクリニックを受診して早めに治療を開始しましょう。

参考URL

※1)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
※2)フィナステリド 添付文書
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00066751
※3)ザガーロ 添付文書
https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00065940.pdf

プロペシア

プロペシアは、AGAの予防・改善に使用される治療薬であり、皮膚科やAGA治療を専門として扱う病院で処方されています。

アロビックス

アロビックス液とは、塗布タイプの脱毛治療薬です。患部に直接塗布することで、毛根の血行をよくして抜け毛を抑制し、発毛を促す効果があるためプロペシアとの併用が効果的といわれています。

アロビックスについて詳しくはこちら

ザガーロ

ザガーロはAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を強力に抑制することで、薄毛や脱毛の治療効果を発揮します。AGA専門クリニックや男性外来を中心とする、国内の医療機関で処方されています。