AGAコラム

治療薬に頼る前に! 生活習慣の改善でAGAを予防しよう

AGA治療に励む男性は専門クリニックなどに通院し、改善を図っていることも多いですが、投薬治療だけがAGAの改善法ではありません。AGAは進行形の病気なので、AGA治療をやめてしまうとまた再発してしまいます。そのため、発症を防ぐことができるならそれに越したことはありません。

AGA予防に効果がある食べ物

ここでは、髪の成長や育毛に効果があるといわれている食べ物をいくつかご紹介します。

髪の成長にはIGF-1という成分を摂取する必要があります。この成分は体の細胞の成長を促す成長因子で、成長ホルモンが各細胞に作用するとこの成分が生成され、細胞の成長が行われます。これは髪の成長をつかさどっている毛母細胞も同じで、IGF-1が作用することによって、髪の成長が促進されます。

食べ物により、IGF-1の分泌を増やすには、知覚神経を刺激するものを摂取する必要があります。なぜなら、IGF-1は知覚神経が刺激が与えられることによって分泌されることが分かっているからです。では、どういった食事で知覚神経を刺激することができるのでしょうか。

・エスニック料理などの香辛料を含む料理
香辛料にはさまざま種類がありますが、どれも胃の知覚神経を刺激する作用があります。そのため各種スパイスや唐辛子など含むが料理が効果的です。

・大豆製品
大豆に含まれるイソフラボンにはIGF-1の分泌促進に必要なCGRPを増やす効果があります。大豆製品は豆腐や納豆、豆乳など身近にたくさんあるので、積極的に摂取しましょう。

IGF-1の分泌を増やす他にも、髪の成長を促す毛母細胞に栄養をいきわたらせるために、血行をよくする食べ物も予防に効果的です。

・にんにく
にんにくに含まれる成分であるアリルシステインは、血流をよくする効果があります。血の流れをよくすることによって、頭皮に栄養が届きやすくなります。

AGAを誘発する食生活

髪の成長に効果のある食べ物について解説しました。なお、食生活を改善することによっても髪の成長を助けが可能です。ここでは、どのような食生活がAGAを誘発しかねないのかをご紹介します。

まずは、過度な飲酒です。アルコールを多量に摂取することによって肝機能が低下し、お酒の主成分であるアセトアルデヒドによってAGAの原因であるジヒドロテストステロンが増加するといわれています。また、髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質は、肝機能低下によってケラチンの生成が不十分になることもあります。よって、過度なアルコール摂取はAGAの症状を加速させる原因にもなりかねないので控えることが望ましいといえます。

生活習慣の見直しも

食生活の改善の次は、生活習慣の改善も行いましょう。

睡眠不足や、喫煙などもAGAの原因といわれています。なお、頭皮の環境も整えることも大切です。整髪料や汗が、頭皮の皮脂分泌を過剰にし、毛穴を塞いだり毛の成長を阻害することがあります。一方、洗いすぎもよくないため、高温のシャワーを地肌にあびたり、何度もシャンプーすることはおすすめできません。皮脂というのは肌のバリアでもあるため、落としすぎても過剰に残っていても望ましくはありません。頭皮に優しいシャンプーを使用するなどして、健康な頭皮を維持できるように心掛けましょう。

まとめ

病院でのAGA治療に頼るだけでなく、食事や生活習慣の改善でも育毛効果を行えることを紹介しました。AGA治療は、完了することがなく、治療費も高額になりがちなので、発症させないことが何よりの対策になります。現時点ではAGA治療が必要ない人も、今一度生活習慣の見直してもよいかもしれません。

 

関連記事はこちらからご覧いただけます

■食事から発毛促進!AGAに効果的な食べ物とは